トラックドライバーに必要な運転免許

運転するトラックの種類に応じた免許が必要

運送会社などでトラックドライバーとして勤務する場合に必要となる免許は、仕事上で使用するトラックの種類によって異なります。例えば、総重量が8トン未満で最大積載量が5トン未満のいわゆる4トントラックを使用する場合は、中型免許もしくは大型免許のどちらかが必要です。これらは普通免許などの他の免許を取得してからの運転経験が一定期間に達していなければ取得できるようにならないため、何も運転免許を持っていない場合は先に普通免許か準中型免許を取得することになります。

中型免許では6トントラックまでの車両を運転できますが、それより大きい車両を使用する場合は大型免許が必須です。一方で、3トントラックまでであれば、2017年3月に新設された準中型免許があれば運転できます。普通免許で運転できる車両の種類は限られているので、トラックドライバーを目指しているのであれば準中型免許を最初にとると良いです。

トラックを運転するのに二種免許は不要

運送会社所有のトラックには大抵、営業用であることを示す緑色のナンバープレートが取り付けられています。同じように緑ナンバーが取り付けられている車両にはバスやタクシーがあり、これらの車両を運転するときは二種免許が必要ですが、トラックの場合は一種免許さえ持っていれば乗務ができます。二種免許は旅客を乗せて自動車を運転するときに必要なものであり、荷物のみを載せて走るトラックはこの要件に該当しないからです。 緑ナンバーは一般貨物自動車運送事業許可を取得した会社が、事業用に所有したトラックに対して取り付けるもので、運転免許の種類は無関係です。ただし、二種免許は持っていると転職をするときに役立つ場合があるので、取得する機会があるときは逃さずにとっておくと良いでしょう。

ドライバー業界は30代~50代が多く活躍している業界です。また、60代も活躍しています。ドライバーのお仕事は意外に長く働ける仕事になっています。ドライバーの募集を探してみてはどうですか