タクシードライバーとは?

お客様を目的地に運ぶお仕事

タクシードライバーとは簡単に言ってしまえば、乗車したお客様を指定された目的地に運ぶ車を運転しているドライバーのことを指します。お客様はアプリやタクシー会社で予約していることがあり、そのような場合は無線でお客様が待っているところまで迎えに行きます。それ以外はタクシー乗り場周辺でお客様が乗り込むのを待っていたり、走りながらお客様を探すことも少なくありません。このように業務時間の多くは車を走らせており、それ以外の時間はお客様を待ってる待機時間となっています。

基本的に給料はお客様をどれほど乗せたのか、どれほどお客様を乗せて走ったのかによって異なるため、歩合制で支給されるところがほとんどだとされています。

タクシードライバーは自営業に近い

タクシードライバーの仕事の特徴は、タクシー会社に所属していたとしても自営業に近いスタイルとなっているところです。個人でタクシードライバーをやっている場合はもちろんですが、タクシー会社に所属していても給料はお客様を乗せて走れたかどうかで異なります。タクシー会社によっては最低限の給料が保証されているところがあるものの、後は歩合制で給料が支給されるのでほとんど自営業と変わらないと考えている人が少なくありません。

さらにタクシードライバーの休日はある程度自分たちで決めることができ、業務時間も午前中のみ、午後のみなど働きやすい時間帯を決めることが可能です。このような点も、自営業に近いと言われている理由です。

運転手の求人には様々なものがあります。例えばタクシーやバスなど、人を乗せる運転手もあればトラックなど貨物を運ぶ運転手もあります。