トラックドライバーとは?

大型トラックドライバーは長距離移動が多い

トラックドライバーとは、配送や宅配、引っ越し作業などを行う仕事です。小型、中型、大型の3種類のトラックがあり、そのトラックのサイズによって業務内容が異なるという特徴を持っています。その中でも長距離移動が多いのが、大型トラックのドライバーでしょう。大型トラックのドライバーは長時間の運転が必要で、1日中トラックの中で過ごすことになるケースもあります。1日中トラックの中で生活することになる場合は、サービスエリアにトラックを停車して車中泊を行うことも考えられます。 中型トラックや小型トラックのドライバーはルート配送が中心です。仕事の内容によっては集荷や配達だけでなくセールスも求められる可能性があるでしょう。最初は他のドライバーの補佐になるケースが多いですが、経験を積めば1人でドライバーとして働くことになります。

トラックのサイズによって必要な免許が変わる

トラックのサイズによってトラックドライバーに求められる免許の種類が異なります。小型トラックの場合は普通自動車免許を持っていれば働くことが可能です。軽貨物の配送や宅配といった業務は小型トラックを使うことが多いので、これらの業務内容をこなしたいと考えている人は普通自動車免許を取得しておきましょう。中型トラックのドライバーは中型自動車免許を取得しておく必要があります。中型トラックは日帰りでの配送が多いので、長距離の運転が苦手だけど配送業に興味がある人に適した仕事だと考えられます。大型トラックのドライバーは大型自動車免許の取得が必須になるでしょう。長距離移動が多いので体力に自信のある人に適した仕事だと言えます。

運送業の求人は、トラックドライバーだけでなく、倉庫内での荷物の仕分けや検品、箱詰めといった仕事もあります。