タクシードライバーに必要な運転免許

タクシードライバーに必須の二種免許

タクシードライバーとして働く場合、普通免許を持っていて車さえ運転出来れば良いという訳ではありません。乗客を運ぶ事を目的として車を運転するなら、「第二種運転免許」の取得も必要です。 ちなみに免許取得のためには満21歳以上である、視力や聴力、深視力の条件を満たしている、一種免許取得後3年以上経過している事などが条件となります。もちろん教習所にも通わなければならず、取得費用として30万円程度はかかります。普通免許同様に学科試験と技能試験の2科目で採点されますが、普通免許より技能試験において厳しく採点される傾向にあります。つまりなかなか合格出来ないと費用面の負担も大きくなる訳ですが、多くのタクシー会社では二種免許の取得費用を一部、または全額負担して新人をサポートしています。

一部の地域で必要な地理試験

東京や神奈川、大阪といった都市部では地理試験の合格も必須となります。乗客を目的地まで安全かつ、迅速に送り届けるためには、営業区域内の地理に詳しくなっておかなければならないと設けられた試験です。具体的には営業エリア内にある道路、交差点の名称、著名な建築物の所在地などで、目的地までの最短ルートやそのルートにかかる運賃、所要時間も把握しておく必要があります。基本問題25問、応用問題25問という構成になっており、初回の合格率は4割程度と比較的難易度の高い試験です。ただし何度もチャレンジ出来る試験であり、タクシー会社によっては地理試験に向けた研修を行ったり、独自の問題集を作成するなどしてサポートしてくれる所もあります。

運転手の募集に応募する際には必要なスキルがあります。特別な車種の運転の場合、それに応じた免許が必要です。